2012年01月26日

グッドコミュニケーションの方法

●●● 「話し」がうまい人は有利だ ●●●

会社では同じように働いていて、同じような結果を出していながら、評価に差がでることが多い。

どこにその差がうまれるのだろう?

いろいろ考えられるが、ひとつの重要なファクターとして「話しがうまい」というのがある。

世の中には「話しがうまい」というだけで出世する人もいるぐらいだ。

「話す力」は絶対につけておいたほうがいい。
昇給や昇格だけでなく、コミュニケーションがうまくなると、プライベートでも「知り合い」が増える、などの楽しみもある。

だから、「話す力」をつけよう。
これは、訓練で絶対にうまくなる。




●●● 自分が話しベタだと思っている人へ(覚えておこう) ●●●

1)話す・聞く能力は「磨けば光る!」(生まれつき無口の人もいるが、いったん話し始めると人を惹きつける、人というのもいる。)

2)話しには「相手がある」ことを忘れない

3)「話す力」は、聞き手が決める

4)聞けなければ、話せない(英語も一緒だ)

5)「聞く力」で、その人の器が決まる

6)話す・聞くは双方向のコミュニケーションだ





●●● 上手に話すと、こんなにいいことがある ●●●

話し方がうまくなることで、3つの恩恵が受けられる。

1)立場やタイプの違う人と良好な関係が築ける

2)ビジネスで目的を遂行しやすくなる

3)話し方で自分の短所を直すことができる
(話し方を分析することで、自分の性格を改善できる。)


逆に、話し方が下手だと「誤解を受ける」ことが多い。






●●● 上手に話せない原因は? ●●●

想像力のバランスが悪いと会話が下手になる。

マニュアル通りに受け答えをしてぎごちなくなる人がいる。

これは、相手の気持ちを考えていない。

悪い結果を先回りして、慎重になりすぎる人もいる。

悲観的に考えるのはやめよう。

バランスのよい想像力を働かせ、相手の立場に立って、明るく前向きに話そう。

新人のうちは「お世話になっています」という言葉が言えない人もいる。

お世話になっていないからだ、と。

あるいは、「いい天気ですね」と話しかけられて、何と答えていいのかが分からない若人もいる。

そんな時は深く考えないで、「そうですね。」でいいのだ。

「そうですね。まるで春ですね。」とひと言付け加えたら、最高だ。

考えすぎると慎重になりすぎてスムーズな会話ができないし、何も考えずに話すと相手に不快感を与える。

■===>コミュニケーションで大切なのは、相手や状況に応じて想像力を働かせることです。







●●● 仕事ができる人は、頭と心に響く ●●●

仕事ができる人は、頭(論理)と心(情緒)の両方に訴えかえるのがうまい。

1)要領の得ない長話をしない

2)まず、結論から先に話す

3)センテンスを短くする

4)論理的に簡潔に話す

5)相手の感情に訴える

特に理系の人は、「論理優先」になりがちですが、それだけでは人はついてきません。

論理と情緒の両方を考えて話すクセをつけましょう。


●●● 人に好かれる話し方は、実は「聞き方」とワンセット ●●●

言葉にならない心の声を聞くことができれば、自然に話し上手になれます。

コミュニケーションを磨くというと、話し方のほうだけに焦点を当ててしまう人が多いですが、コミュニケーションは双方向です。
必ず「聞き方」も磨きましょう。

世の中は「聞いて欲しい人」で溢れています。

聞き方がうまいだけで、人気者になれるぐらいです。

自分のことしか話さない人は、典型的な嫌われ者タイプのひとつです。

さらに、言外の言葉を聴く(場の空気を読む)ことも必要です。(たまにはあえて、場の空気を無視することも必要ですが、場の空気を読

むことができるかどうかのスキルは必要です。)

話し方と聞き方は表裏一体です。
バランス良くいきましょう。

人に好かれる話し方がなかなか身につかないと思う人は、まず聞くことから意識して始めてみてください。
きっと、何かが変わってきます。





■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(1)■■
             ↓
成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(1)


■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。


■■■ 最新の医療ニュース、最新の製薬業界のニュース ■■■
   ↓
最新の医療ニュース、最新の製薬業界のニュース


■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


■■■ モニターへの道(一人前のモニターになる方法、モニターの教育方法) ■■■
    ↓
「臨床開発モニター、治験モニターへの道」(優秀なモニターになる方法、モニターの教育方法)








posted by ホーライ at 03:13| Comment(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。