2011年10月27日

●モチベーションを高める(4)

■自信を育てる

・自分で自信を持つ、他人に自信を植え付ける

・種を蒔く:ビジョンを見つめ、「自分たちにはきっとできる」と思うことから始まる

・養分をやる:称賛を与える。努力に対して惜しみなく誉め言葉で報いる。自分で自分を誉める。

・雑草を抜く:自信をぐらつかせる言葉、態度に注意する。



▲▼▲▼▲▼▲▼  演 習  ▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

・これまでどうやって、種を蒔き、養分をやり、雑草を抜いてきたかを思い出す。

・それを今の状況に当てはめてみる。(他人にも、自分にも)

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲





■飛び込む(行動する)

・ためらわずに飛び込む

・そのためには・・・・

「行動する前」

(1)自分が心から納得できる目標を持つこと

(2)頼りになる人の力を借りる

(3)好機を逃がさない


「行動する瞬間」

(1)引き返せない瞬間が来たら、いつも思い出せる「魔法の言葉」を持っていると強い。(光陰矢のごとし。失敗は成功の母。)

(2)気に入った魔法の言葉を、いざという時に自動的に頭に浮かぶよう記憶に刷り込んでおく


「行動した後で」

(1)行動する前に想像していたほど恐ろしい体験だったのかどうか、振り返る。



■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。
posted by ホーライ at 19:47| Comment(0) | モチベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

●モチベーションを高める(3)

■ビジョンの描き方

・五感をふるに利用してイメージを具体的に描く(「可能な限り早く治験を終わらせる」ではなく「6ヶ月で治験を終わらせる」

・チームを巻き込んでビジョンを進化させる

・すぐできる行動を決め、モチベーション・サイクルを回す

・ビジョンが出来たら、それを周囲と共有する

*あらゆる手段を講じてビジョンを定着させる。言葉だけでなく、能力を開発する、手本を示すなど行動を伴うことが肝心

*チームを巻きこんでビジョンを進化させる

*折に触れ、ビジョンを提示する

*モチベーションサイクルの進行とともに繰り返しビジョンを訴え、目的地の魅力を説く




■起爆剤を見つける

・自分(あるいは相手)をよく見つめる

*自分を奮い立たせてくれるものは何か

*賃金、権力、名誉、義務感、達成感、希望、やりがい・・・


・次に「すぐに手をつけるべきこと」をプランにまとめる

・詳細なことは不要。(あとで追加できる)

・ここで重要なのは「エンジンに点火する」ことである


▲▼▲▼▲▼▲▼  演 習  ▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

・自分自身を奮い立たせるもの、勇気づけられるものは何かをじっくり考えてみよう

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼




■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。


posted by ホーライ at 02:07| Comment(0) | モチベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

●モチベーションを高める(2)

▼モチベーターの心得・5つのポイント

1)まず自分が本気になる

2)意欲はフォーカスを絞る(人生の全てにはムリ)

3)アーティストになり、成功のイメージ(未来像・目標など)を周囲に提供する

4)周囲を力づける(誉める)

5)マラソンランナーになる。気長に継続する。




▼モチベーションを高める6つのステップ「モチベーション・サイクル」

1)ビジョン(目指すべき未来像)を描く

2)起爆剤を見つける(きっかけ。やる気を引き出す。)

3)自信を育てる

4)飛び込む(行動を起こす)

5)結果を確認する(問題が有れば克服する)

6)フィードバックを活かす(現実を直視する)




▲▼▲▼▲▼▲▼  演 習  ▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

・チベーション・サイクルを利用し、いま取り組んでいる課題に対して自分のやる気があるか

・サイクルのどのステップが最も効果的か考えてみよう。

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼





■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。



posted by ホーライ at 18:50| Comment(0) | モチベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

●モチベーションを高める(1)

*モチベーションとは「高い目標を目指そうとする意欲である」

*自ら高みを目指しつつ、周囲の人間も感化することはリーダーに欠かせない能力である。

*リーダーシップとは「未来の地図を描く」X「エンジンに点火する」X「ギアをトップに入れる」

*リーダーはまず最初に「説得力のある未来像(ビジョン)」を描き出す必要がある。

*次に「メンバーのやる気」を引き出し、目的地を目指して士気を高める。

*プロジェクトやミッションが進行している間、ずっと、それを維持する

*部下からやる気、本気、元気を引き出さないリーダーはリーダーの資格がない。

*高い目標を目指す強い気持ちはリーダーシップの三要素すべてに関わっている

*リーダーは「モチベーター」でなければならないが「モチベーター」は必ずしもリーダーではない(たとえば友人を元気づける時、あなはたはモチベーターだがリーダーではない。



■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。



●「仕事のコツ、仕事の基本、仕事の秘訣、仕事のポイント」のサイト(1)
    ↓
仕事のコツ、仕事の基本、仕事のポイント、役立つ仕事術、仕事の秘訣、仕事の上手なやり方、仕事がうまくいくポイント、仕事ができる人になる方法のサイト(1)


●「仕事のコツ、仕事の基本、仕事の秘訣、仕事のポイント」のサイト(2)
    ↓
仕事のコツ、仕事の基本、仕事のポイント、役立つ仕事術、仕事の秘訣、仕事の上手なやり方、仕事がうまくいくポイント、仕事ができる人になる方法のサイト(2)


posted by ホーライ at 21:29| Comment(0) | モチベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

●セルフコーチングで能力を開発しよう(10)

3.Source エネルギー源を探す


目標達成のために、志を立て、成功のイメージを持ち、具体的な行動計画を策定することが必要なのですが、それだけでは、最後までやりとげるパワー、エネルギー源が無ければ、失速してしまいます。

そのためには、過去の自分を振り返り、達成できたこと、うまくいったことを思い起こし、自分の内側にある「強み」を再確認することが役に立ちます。

そして、新しいアクションを起こすためのポジティブなエネルギーに満ちた状態を獲得するのです。



目標を達成できる人は、目標設定の段階で、過去の成功体験を思い描き、「今回は、どうやって達成しよう」「自分の努力によって、今回も絶対にこの目標を達成しよう」というように、「できる」というエネルギーで目標をとらえます。

「勝ち癖」のパターンですね。

他方、目標を達成できない人は、「どうせ今回も無理だろう」と、あきらめの気持ちがあるのです。

過去の辛かった体験、できなかった経験が想起され、「まぁ、今回もできなくてもしかたないか」という消極的なスタンスになります。

気合の入らない計画を立案してしまうので、再び「負け癖」のパターンに陥ってしまいます。



エネルギーの源泉を獲得するためには、自分のこれまでの人生で「できた」「成功した」「やりとげた」「強みを発揮した」場面の数々、経験に基づく源を発掘するのが効果的です。

こうした体験を、記憶の片隅から掘り起こしながら、「なぜ、それができたのか」という自分の「強み」を言葉にしてみましょう。



●「強み」を表す言葉

たとえば、学生時代にクラブ活動で一日も休まず早朝練習をがんばった、というような体験があれば「忍耐力」「持久力」といった強みを見つけることができます。

また、新入社員の頃、厳しい上司のもと、高い目標を与えられて、奇抜なアイディアで乗り切ったという経験があるならば、「創造力」「独創性」「プレッシャーに強い」といったソースの発見につながるでしょう。

このような成功体験を思い出すと、元気が自分自身の内側から湧き上がってくるものです。

つまり、自分自身の体験が、川の源流の泉のように、エネルギーを生み出す源になっていることを確認するのです。


「過去の成功体験」と言っても、おおげさに考える必要はありません。

ごく個人的な体験でも、自分の強みが発揮され、自己成長において大きな意味があったとすれば、それこそが自己の源になるのです。

些細な出来事や日常的な風景からイメージすることも効果的です。

自分自身の人生を振り返り、うれしかった経験も苦しかった体験も、すべてソースとして棚卸することで、強みを再確認し、根拠のある自信を持つことができるのです。


そして、次に、獲得したエネルギー源をもとに、達成できる自分の姿を鮮明に描くことです。

つまり、自分の強みを活かして、生き生きと仕事をしている自分、ゴールを達成できた自分の姿を描きます。

たとえば、「私には部活で培った集中力とリーダーシップがあるから、きっと今回のプロジェクトも一ヶ月前倒しで達成できる」といった成功のイメージです。

これは、第二ステップのImageにもつながりますが、自分の強みに基づき、エネルギーレベルも高くなっていますから、より鮮明で、すぐ行動につなげられる具体的なイメージになっていることでしょう。



●「仕事のコツ、仕事の基本、仕事の秘訣、仕事のポイント」のサイト(1)
    ↓
仕事のコツ、仕事の基本、仕事のポイント、役立つ仕事術、仕事の秘訣、仕事の上手なやり方、仕事がうまくいくポイント、仕事ができる人になる方法のサイト(1)


●「仕事のコツ、仕事の基本、仕事の秘訣、仕事のポイント」のサイト(2)
    ↓
仕事のコツ、仕事の基本、仕事のポイント、役立つ仕事術、仕事の秘訣、仕事の上手なやり方、仕事がうまくいくポイント、仕事ができる人になる方法のサイト(2)

posted by ホーライ at 18:23| Comment(0) | 自己啓発の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。